PROFILE
エントリーINDEX
RSS
オススメ!
体脂肪を落とすトレーニングプログラム
体脂肪を落とすトレーニングプログラム (JUGEMレビュー »)

【芳野コメント】
身体を鍛える為の本なのですが、な、モデルに知り合いが二人も!!
参考に鍛えます。頑張ります。
オススメ!
美ら島 清ら心(ちゅらしまちゅらぐくる)
美ら島 清ら心(ちゅらしまちゅらぐくる) (JUGEMレビュー »)
平良 とみ
【芳野コメント】
昭和一桁生まれのとみさん。沖縄という地に生まれ、沢山の苦労をされた様です。
でも、おおらかなお人柄が伝わってくる文章に癒されます。
オススメ!
オススメ!
オススメ!
最近のエントリー
エントリー年月別に読む
芳野くるみのつぶやき
アゲキノコツナガリ参加中
LINKS
OTHERS
 
ブログを、芳野くるみの日常をつづる「もののけ幻想」(本ブログ)と、
遊戯屋の日々を記録する「遊戯屋綺譚」の2つにわけました。
ただいまデザインリニューアル作業中!
「ベイクウェルスライス」を作る!
今回も、差し入れです。
実は、「ショートブレッド」というイギリスのお菓子が好きで、あまり馴染みの
無いイギリス菓子の本を買ってありますイギリス
今回は、この中から選んでみましたkuma

ビスケット<材料>ビスケット

ショートクラスト生地
・薄力粉             150g
・塩              ひとつまみ
・バター(無塩)           75g
・冷水          大さじ 3
・ラズベリージャム      100g

フィリング
・バター(マーガリン)     35g
・グラニュー糖         50g
・卵(溶いて計量)         80g
・アーモンドパウダー        90g
・ベーキングパウダー  小さじ 1/2
・アーモンドスライス      20g

ケーキ<作り方>ケーキ

1、薄力粉を3回振るい、バターを加えてカードで細かく刻む。
2、指先で刻んだバターと粉を混ぜて、そぼろ状にする。
3、冷水を少しずつ加えてカードで混ぜ、最後は手でひとまとめにして、生地をラップに包み冷蔵庫で30分
   休ませる。
4、生地を麺棒で3个慮さに伸ばし、クッキングシートを敷いた型の底に敷き込む。
5、ラズベリージャムを塗り広げる。
6、バター(マーガリン)をクリーム状に練り、グラニュー糖を3回に分けて加え、その都度擦り混ぜる。
7、溶いた卵の1/3を加えて混ぜ、アーモンドパウダーとベーキングパウダーを合わせて振るい、大さじ2杯
   程加えて混ぜる。
8、残りの卵を2回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
 9、残りの粉類を全て加え、木べらで艶が出る迄混ぜる。
10、型に流し入れて、表面を平らにならしアーモンドスライスを散らす。
11、余熱を190℃、180℃に下げたオーブンで25分焼く。



紅茶クラスト生地はバターを使っていますが、無塩ではないので塩は入れませんでした。
  フィリングはマーガリンを使っています。
    型も小さめを使って焼いていますが、問題ありません。   

  お褒めのお言葉を、頂きました〜トランプ

JUGEMテーマ:手作りお菓子

 

| あやかしCOOKING | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
「カフェ・ノア」を作る!
今回も、観劇の差し入れです。
役者さん1人と、照明さんにも。
照明さんがシュークリームがお好きなので、作ろうかと思いましたが、様々な
理由から断念泣く
代わりに作ったのが、このお菓子です。

珈琲<材料>珈琲

・薄力粉                110g
・ベーキングパウダー   小さじ 1/2
・バター(マーガリン)     110g
・グラニュー糖         110g
・卵               2個
・インスタントコーヒー   大さじ 2
・コーヒーリキュール    大さじ 1
・胡桃               50g

クルミ<作り方>クルミ

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、3回振るっておく。
2、ボウルに室温に戻しておいたバター(マーガリン)を入れ、泡立て器で
   クリーム状に練り、グラニュー糖を3回に分けて入れ、その都度よく擦り
   混ぜて白っぽく、ふんわりとさせる。
3、卵を1個ずつ加えて、その都度丁寧に混ぜる。
4、インスタントコーヒーを、コーヒーリキュールで溶いて加え、混ぜ合わせる。
5、粉類を3回に分けて入れ、練らない様にさっくりと艶が出る迄混ぜ合わせる。
6、荒く刻んだ胡桃を加えて、ざっと混ぜる。
7、マフィン型か、オーブンシートを敷いた型に流し入れ、平らにならしてから
     170℃のオーブンで約40分焼く。



マフィン少し焦げてしまいましたが、味はgoodですハート
   いつもながら、無塩バターではなくマーガリンを使い、型もマフィンにしました。
 グラニュー糖も少しだけ控えめに、100gにしましたが全く問題無し。
 胡桃が無くても美味しいとの事でしたが、好み的には沢山入っていて欲しいお菓子
 です♪

JUGEMテーマ:手作りお菓子
   

| あやかしCOOKING | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「アボカドチョコケーキ」を作る!
友人のお芝居を観に行くので、差し入れにケーキかパンを焼こうと思い、考えた末に珍しい
アボカドのケーキを焼く事にしましたアボカド

バターや卵を使わない、自然派の本を参考に、自分なりにアレンジして焼いてしまい
ました汗
さてさて、そのお味は?

ケーキ<材料>ケーキ

・薄力粉        110g
・ココアパウダー    20g
・重曹         小さじ 1/2
・ブラウンシュガー   100g
・マーガリン      60g
・水、牛乳       各60ml
・レモン汁       大さじ 1
・アボカド       1/2個
・バニラオイル     3〜4滴
・板チョコ       適量

ケーキ<作り方>ケーキ

1、薄力粉と重曹・ココアパウダーを合わせて3回振るう。
2、マーガリンを滑らかにし、ブラウンシュガーを2回に分けて加え、その都度よく擦り
   混ぜる。
3、水・牛乳・レモン汁・潰したアボカド・バニラオイルを加えて、その都度よく混ぜる。
4、粉類を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
5、板チョコを砕いて、生地に混ぜ込む。
6、クッキングシートを敷いた型に生地を流し込み、170℃のオーブンで約40分焼く。


sakuraygokiやっとキッチンが極寒ではなくなったので、お菓子作りの意欲が湧いてきましたheart【ピンク】
    自然派のお菓子も、機会があればきちんと作ってみて、味見をしたいと思います。
 
  今回のケーキは、2日目の方が馴染んで美味しかったです。
  春は観劇が多そうなので、次はパンかラスクでも焼こうかな・・・め

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| あやかしCOOKING | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
「しっとりチョコクッキー」を作る!
ホワイトデーお菓子第2弾。
本当は、チョコチップで作るのですが、板チョコを割って大きめに
入れてしまいました・・・汗

チョコレート<材料>チョコレート

・バター        75g
・グラニュー糖     30g
・卵黄         1個
・薄力粉        100g
・ベーキングパウダー  小さじ 1
・チョコチップ     30g

クッキー<作り方>クッキー

1、ボールにバターを入れ、クリーム状になる迄混ぜる。
2、グラニュー糖を入れてよく混ぜ、更に卵黄を加えて混ぜる。
3、混ぜて3回振るっておいた粉類を加え、粉気が無くなる迄
   混ぜ合わせる。 
4、生地を丸めて平らにし、チョコを中央に入れて包む。
5、170℃のオーブンで約15分焼く。



リーフパイバターをマーガリンに変えて、使いました。
 久し振りにクッキーを焼いたのですが、ケーキに比べるとやはりお手軽に
 焼けますねきゅううう〜ん❤
 板チョコのひとかけらを、無理矢理に入れ込んで焼いたのですが、これは
 これでチョコ好きには良ろしいのではないかと・・・

JUGEMテーマ:手作りお菓子

| あやかしCOOKING | 08:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ココナッツカスタードのエッグタルト」を作る!
バレンタインデーのお返しのお菓子作りに、お正月に作ったエッグタルトが
好評だったので、再び大きさを変えて挑戦卵
生地を寝かすので、時間は掛かりますが、比較的簡単に焼けます結晶

タルト<材料>タルト

ココナッツカスタードクリーム
・牛乳         150ml
・ココナッツミルク   150ml
・バニラビーンズ    1/2本
・卵黄         3個分
・グラニュー糖     60g
・薄力粉        15g
・コーンスターチ    15g

パートブリゼ
・薄力粉        200g
・無塩バター      150g
・グラニュー糖     8g
・塩          一つまみ
・冷水         40ml
・薄力粉(打ち粉)

ケーキ<作り方>ケーキ

パートブリゼ
1、薄力粉を3回振るい、水以外の材料をボールに入れ、バターに粉をまぶしながら
   カードで細かく刻む。
2、細かくなる迄切り混ぜて、冷やした水を加え練らない様に合わせる。
3、生地を手で押し、練らない様にしながらまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で一晩
   休ませる。
4、打ち粉を振った台に生地を置き、麺棒で2亳さに伸ばしてフォークで穴を
   開ける。
5、型で抜いて、タルト型に敷き込む。

ココナッツカスタード
1、バニラビーンズに縦半分に包丁を入れ、鍋に牛乳と鞘から出したバニラビーンズ、
   バニラの鞘を入れて沸騰させ、蓋をして5分位置きバニラの香りを移す。                                                        
2、ボールに卵黄とグラニュー糖を3回に分けて入れ、よく擦り混ぜる。
3、合わせて3回振るった粉類を加えて、粉気がなくなる迄混ぜる。
4、牛乳にココナッツミルクを混ぜて再沸騰させ、ボールに加えて混ぜ鍋に濾し入れる。
5、強火に掛けて泡立て器で混ぜ続け、とろりと柔らかくなって煮立ったら、氷水を
   当てたバットに広げ、ラップをぴったりと当てて、冷ます。
6、タルト型にココナッツクリームを絞り、180℃のオーブンで約30分焼く。



sakuraygokiバターは有塩を使ったので、塩を入れていません。
 バニラビーンズも使いませんでした汗
 生地が余ってしまったので、丸めて焼いてみましたが美味しいですはーと
 普通のカスタードよりも、ココナッツが入った方が美味だと思います。

JUGEMテーマ:手作りお菓子
 
          
 

| あやかしCOOKING | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
「南瓜のケーキ」
恒例の、年越しの持ち寄り御馳走の1品として、作ってみました
「南瓜の皮のサラダ」が作りたかったので、中身はどうしよう・・・と
悩み、丁度おからもあったので「これは良い!」と・・・

<材料>

・南瓜(蒸した物)  250g
・おから         80g
・バター         50g
・米粉          40g
・ベーキングパウダー   7g
・卵          2個
・グラニュー糖        80g 

<作り方>

1、米粉とベーキングパウダーを合わせて、振るう。
2、南瓜は蒸して、熱いうちに皮と身を分けて裏漉しする。
3、南瓜と溶かしバターを混ぜる。
4、卵とグラニュー糖を混ぜて、おからと振るった粉、南瓜を混ぜる。
5、水を張った天板を170℃に温め、クッキングシートを敷いた型に入れた
  
   生地を約30分焼く。



珍しく、マーガリンではなくバターを使ってみました
  おからが良い物だったので、風味が強く南瓜に勝ってしまいました・・・
  しっとりとしていて、チーズケーキの様な食感です。

JUGEMテーマ:手作りお菓子




| あやかしCOOKING | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「林檎のガトー」を作る!
家族のお誕生日のケーキを、数日遅れだが作れ、との仰せが・・・
で、冷蔵庫に眠っていた、マラソン大会で貰った林檎を活用
まぁ、大体「林檎のケーキ」は、似通ってしまうものなのですが・・・

<材料>

・薄力粉                150g
・ベーキングパウダー   小さじ  1 1/4
・バター(マーガリン)       100g
・きび砂糖             100g
・卵                 2個
・牛乳          大さじ    3
・林檎                2個


<作り方>  

1、林檎は芯と皮を剥き、12等分のくし形に切る。
2、ボールに卵を泡立て器で解し、きび砂糖を3回に分けて振るい入れ、砂糖が解ける迄
   混ぜる。
    
3、牛乳を加え、よく混ぜる。
4、薄力粉とベーキングパウダーを合わせて3回振るい、卵に3回に分けて入れ、粉っぽさ
   がなくなる迄泡立て器で大きく混ぜる。
5、溶かしたバター(マーガリン)を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。
6、オーブンシートを敷いた型に流し入れ、平らにならす。
7、林檎をランダムに載せる。
8、170℃のオーブンで、こんがり焼き色が付く迄約50分焼く。



 あまり、焼き色が付かなかったんですよね・・・
  竹串を真ん中に刺して、何も付かなかったので焼けてはいるのですが・・・

   
  簡単に焼けるので、時間の無い時にお勧めです

  今回も、バターではなくマーガリンを使いました。
  バターを使う方は、無塩を御使用下さいネ。

JUGEMテーマ:手作りお菓子
| あやかしCOOKING | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
「生ガトーショコラ」を作る!
お誘いを受けたBBQに、差し入れを作ろうと思いまして・・・
甘い物が好きな方が多いので、チョコレートのケーキにしました
比較的、簡単に焼けます

<材料>

・ダークチョコレート    95g
・無塩バター        55g
・卵黄           3個分
・グラニュー糖       45g
・生クリーム       45ml
・ココア          30g
・薄力粉          15g
・卵白           3個分
・グラニュー糖       60g
・粉砂糖         

<作り方>  

1、チョコレートとバターを湯煎で溶かして、滑らかになる迄混ぜる。
2、卵白と60gのグラニュー糖で、泡立て器の先で少し下を向く程度のメレンゲを
   泡立てる。
3、卵黄とグラニュー糖を擦り混ぜた中に、湯煎のチョコを混ぜ、生クリームも
   加えて混ぜる。
4、振った薄力粉とココアを、1度に加えて混ぜる。
5、メレンゲの1/3量を加えて混ぜる。
6、残りのメレンゲを入れて、さっくりと切る様に大きく生地をまんべんなく混ぜる。
7、オーブンシートを敷いた型に流し入れ、180℃のオーブンで10分、160℃に下げて
   15分焼く。
8、冷ましてから型から外し、表面に粉砂糖を振る。



相変わらず、「クーベルチュールチョコレート」を「ガーナチョコレート」に、
 「無塩バター」を「マーガリン」で作りました
  粉砂糖も振っておりません
  半生タイプで美味しいです
  少しダークチョコが足りずに、カカオ85%のチョコを足したら、かなり
 「大人のケーキ」になりました・・・

JUGEMテーマ:手作りお菓子
| あやかしCOOKING | 07:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
「林檎のカントリーケーキ」を作る!
強歩大会のスタート会場になっている、小学校の体育館で食べるお弁当を、家人が
作ってくれるというので、デザート用にケーキを焼く事にしました
未だに残っている、林檎を又しても利用 

なかなか好評で、良かったです

<材料>

・薄力粉           100g
・ベーキングパウダー  小さじ 1/2
・アーモンドパウダー     100g
・バター(マーガリン)    130g
・グラニュー糖        130g
・卵              2個
・林檎             2個
・ラム酒         大さじ 2

<作り方>

1、薄力粉とベーキングパウダーを合わせて、3回振るう。
2、林檎の皮を剥き、小さな薄切りにしてラム酒を振りかけておく。
3、ボウルに卵を溶きほぐし、グラニュー糖を加え白っぽくややもったりとする迄、
   泡立てる。
4、3回に分けてアーモンドパウダーを加え、混ぜ合わせる。
5、電子レンジなどで溶かしたバター(マーガリン)を加え、ざっと混ぜ合わせる。
6、粉類を3回に分けて振り入れ、練らない様にさっくりと丁寧に混ぜ合わせる。
7、林檎を加え、さっくりと混ぜる。
8、オーブンシートを敷いた型に生地を流し入れて平らに慣らし、170℃のオーブンで
   約40分程焼く。



林檎が結構、大量になります
  よくよく本を見たら、「小さめ」と書いてありました
  まぁ、問題はありませんでしたが・・・
  かなりしっとりとしていて、少し食べ難いです
  アーモンドパウダーのお蔭か、味は良かったです

JUGEMテーマ:手作りお菓子
| あやかしCOOKING | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
「クラフティー」を作る!
「観劇月間」は、「差し入れお菓子作り月間」でもあります
家に余っている林檎をこの際、何とか使い切りたいが為に、新しい林檎のお菓子作りに
挑戦です 
少し、手間が掛かりますが・・・

<材料>

[林檎のキャラメルコンポート]
・林檎            2個
・グラニュー糖        40g
・水            大さじ 1
・無塩バター         4g

[シュクレ生地]
・無塩バター        130g
・粉砂糖              80g
・卵             1個
・薄力粉          250g

・アーモンドパウダー      30g
・グラニュー糖         30g
・卵             1個
・牛乳           50ml
・生クリーム        50ml

<作り方> 

1、林檎の皮と芯を除き、くし型に切る。
2、グラニュー糖と水を混ぜ合わせて火にかけ、狐色のキャラメルになったらバターを
   加え、林檎を入れてよく絡める。
3、蓋をして弱火で15分くらい煮てから、汁気が無くなる迄林檎を返しながら煮る。
4、バターをクリーム状に練り、粉砂糖を3回に分けて混ぜる。
5、卵を加えて混ぜ、3回振るった薄力粉を3回に分けて加えて混ぜる。
6、ラップで包み、冷蔵庫で2時間以上休ませた後、強力粉の打ち粉をした台上で、麺棒を
   使い3个慮さに均一にして円形に伸ばす。
7、再びラップに包んで冷蔵庫で30分以上休ませ、型に乗せて底の角を押さえながら、側面
   に密着させる。
8、はみ出た生地を落とし、側面を均一の厚さにし、底面にフォークで穴を開ける。
9、ラップを掛け、冷蔵庫で30分以上休ませ、アルミ箔を敷いて重石(小豆でもOK)を
   乗せて、160℃のオーブンで30〜35分空焼きをする。
10、アーモンドパウダーとグラニュー糖小さじ2をボールに入れて混ぜる。
10、別のボールで卵を溶き解し、残りのグラニュー糖を加えて混ぜる。
11、牛乳と生クリームを小鍋で温め、2〜3回に分けて加えて混ぜ、こし器でこす。
12、アーモンドパウダーに3回くらいに分けて加え、滑らかになる迄混ぜる。
13、シュクレ生地にキャラメルコンポートを並べ、液を流し入れて150℃のオーブンで
     15分焼く。 

 

どうも、こういった生地を作るとかなり柔らかくなります
    無塩バターの代わりに、マーガリンを使っている所為でしょうか?
  林檎のコンポートは、どうしても水っぽくなりますし・・・
    重石は乗せないで、焼いてしまいました
 

JUGEMテーマ:手作りお菓子
| あやかしCOOKING | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) |